Happy New Year! あけましておめでとうございます!

明(あ)けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします。

Happy New Year!
Thank you very much for your continuous friendship and patronage.

昔(むかし-1949年まで)、日本(にほん)では「数え年(かぞえどし)」で人(ひと)の年齢(ねんれい)を数(かぞ)えていました。生(う)まれた日(ひ)が1歳(いっさい)で翌年(よくねん)の元旦(がんたん)に2歳(にさい)になりました。12月(がつ)31日(にち)に生(う)まれた人は、1月1日(いちがつついたち=がんたん)には2歳(にさい)になったということです。だから、みんな一緒(いっしょ)に誕生日(たんじょうい)を迎(むか)えていたということですね。
Until 1949, we counted people’s age counting as 1-year old when they were born and after that they aged one year when New Year comes. So back then, everybody became one year older at the same time.

「あけまして」の「明(あ)ける」は英語(えいご)の”to open= 開ける(あける)”ではなく、”to end the duration”という意味(いみ)です。ですから、「明ける」= to end のは「新年(しんねん)」ではなく、「旧年(きゅうねん)」(= the old year) です。「新年(しんねん)明(あ)けましておめでとう(ございます)」は間違(まちが)いで、「明(あ)けましておめでとう(ございます)」か「新年(しんねん)おめでとう(ございます)」が正(ただ)しい日本語(にほんご)です。「あけましておめでとう」の本来(ほんらい)の意味(いみ)は、日本国民全員(にほんこくみんぜんいん)が無事(ぶじ)に歳(とし)を重(かさ)ねることができたので、「おめでとう」と言(い)ったそうです。
“akeru” means “to end the duration” and not “to open”. (Please note that kanji for “to end” is 明けるand “to open” is 開ける) . Therefore, what is ending is the old year and not the new year, so it is wrong to say “Shinnen akemashiteomedetoo(gozaimasu), and current Japanese is “Akemashiteomedetoo(gozaimasu)” or “Shinnen, omedetoo(gozaimasu)” .

「あけましておめでとう」を英語(えいご)では “Happy New Year!”と翻訳(ほんやく)されていますが、それは「新(あた)しい一年(いちねん)を迎(むか)えておめでとう!」と言(い)う意味(いみ)になりますね。

”Originally, “Akemashite omedetoo” meant “Congratulation on all of us to be able to get older in peace.” In English, “Akemashite omedetoo” normally translated into “Happy New Year!”, but it rather means, “Congratulation on reaching New Year!”